ブランドリペア転売知識 真贋チェックポイント

せどらー向け!PRADA本物と偽物見分け方

真贋判定

アシュリー
今日はPRADAの見分け方をやりましょう
PRADAって偽物が多いってホント?
アシュリー
残念ながらホントです。

 

まず最初に、PRADAはプロも嫌がることがあるくらい、本当に偽物が多く、しかも最近は精巧に出来たものもあるので特に注意が必要なブランドであることを覚えておいてください。

 

なんだか仕入れするの怖いわね
アシュリー
大丈夫ですよ!

最初のうちは信頼できるストアから仕入れて本物に沢山触れることで、見る目を養っていきましょう!

 

では本物と偽物の見分け方です!

 

PRADAブランドロゴ

PRADAのブランドロゴで注目すべきはPRADAの「R」です。

PRADARR

本物の「R」には切り込みがあり、斜めに伸びる部分が「ひし形」のような形になっています。

偽物(粗悪品)は「R」に切り込みがなく、斜めに伸びる部分が太かったり、細かったりします。

 

ですが・・・!

最近の偽物(コピー品)は精巧に作られており、「R」の切れ目も入っていることがあるおうなので、これだけで本物だと判断するのは危険です。

 

次に、「PR」と「DA」に注目しましょう。

本物のロゴをよく見ると若干ですが「PR A DA」のようにPRとA、AとDRの間にスペースがあるように見えませんか?

 

もし、これが全て等間隔に見えたら、「偽物」の可能性があります。

 

スナップボタン

スナップボタンの刻印とメス部分の針金

現在のPRADAのスナップボタンのメス部分にはPRADAの刻印があります。

この刻印がきれいに入っていることは当然なのですが、注目すべきは中の針金です。

 

本物のスナップボタンは若干の個体差はあれど、PRADAの「R」と「D」が繋がるようにきれに平行に針金が通っています。

きれいに針金が「R」と「D」を結んでいますね♪

ホントだわ!!

 

FIOCCHI ITALY(フィオッキ社)のスナップボタン

中古のPRADAを扱っていると、たまにスナップボタンが「PRADA」ではなく「FIOCCHI ITALY」のスナップボタンが付いているものがあります。

 

フィオッキ社とはイタリアの高級スナップメーカーで、この刻印のスナップが使われていることが「本物鑑定」の一つになるとも言われています。

 

実際、私が仕入れたPRADAの財布にもフィオッキ社のスナップボタンが使用されていました。

フィオッキ社

PRADAの刻印でなくても、フィオッキ社のスナップボタンであれば安心材料の一つになります。

 

財布内部のナイロン地

PRADAの財布の内部はナイロン地で出来ていることが多いです。

本物はこのナイロン地が規則正しく編み込まれているため、光の当たり方や折れ曲がり方で下記のようなサークル模様が現れます。

サークル

偽物はあえてこのサークルをプリントしているものもあるようですが、その場合どの角度から見ても、どう折れ曲がってもサークルは同じ柄になるためすぐに分かります。

 

まとめ

せどらーが最低限知っておくべきPRADAの本物と偽物の見分け方ポイント

  • ブランドロゴの「R」の切れ込み
  • ブランドロゴの「PR」「A」「DA」の間隔
  • スナップボタン
  • ナイロン地のサークル紋様

 

注意

これはあくまでも目安であり、今回のポイントを全てクリアしたとしてもそれが100%本物であると保証するものではありません。

PRADAはプロでも真贋判定が難しいと言われているため、少しでも怪しいと感じるものは基本仕入れないなど、細心の注意を払いながら、最終判断は自己責任で行いましょう。

一番は、信頼できるストアから仕入れることです。

 

仕入について不安がある、信頼できる仕入れ先ってどこがあるの?

などの質問はどんどん↓アシュリーの公式LINE@↓で聞いてくださいね(^^)

アシュリー公式LINE@

 

 

 

 

-ブランドリペア転売知識, 真贋チェックポイント

Copyright© アシュリーのブランドリペア転売 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.