ブランドリペア転売知識 真贋チェックポイント

せどらー向け!ルイヴィトン本物と偽物見分け方

真贋判定

アシュリー
今日はルイヴィトンについてみていきましょう!
女性人気No.1のブランドね!
アシュリー
はい。その分偽物も多いんですよ。

 

女性人気No.1。

きっと一度は見聞きしたことがあるであろうルイヴィトン。

特にモノグラム柄やダミエ柄は好きな人が多いラインです。

でも人気だからこそ、昔から偽物も多いんです。

今日はそんなルイヴィトンの本物と偽物の見分け方を見ていきましょう。

LOUIS VUITTONブランドロゴ

LVlogo

ルイヴィトンのブランドロゴで注目すべきは「LOUIS」の「O]です。

本物のブランドロゴは、アルファベットの「O]がほぼ真円の形をしています。

また、本物のロゴは文字間隔は狭いのですが、キレイに均等に配置され、字体の線の太さも均一です。

 

では偽物と比較してみましょう。

左が偽物右が本物です。

偽物本物

 

左の偽物のブランドロゴは、「O」の字が楕円形になっていることがわかりますね。

ホントだわ!わかりやすいくらいに楕円ね

また、よく見ると「made in France」の「made」の文字が重なってしまっています。

本物ではこのようなことはあり得ません。

 

 

他にも、上の画像のように「O」は気を付けて真円にしてみたのに、他が雑!

という偽ブランドロゴもあります。

左のロゴは「L」が傾いていますし、本物のロゴと比べると全体的に間延びしています。

右のロゴは全体的に字体の線の太さがバラバラなのと、刻印が薄いですね。

ロゴもよく確認しなきゃね
アシュリー
その通り!

 

革の刻印ロゴ

次に、革に刻印してあるブランドロゴについてです。

左が偽物右が本物です。

 

本物は刻印の深さが均等で浅すぎず、深すぎず、キレイに入っている。

偽物は刻印の深さにバラつきがあったり、浅すぎる、深すぎるという違和感があります。

 

また、革に刻印されたブランドロゴの場合、その周りの縫製にも注目しましょう。

本物の縫製は、糸の縫い目が真っすぐではなく、若干斜め右肩上がりに入ります。

偽物は逆に縫い目の糸が真っすぐになっていることが多いです。

 

他にも、偽物は縫い目が蛇行していたり、角の縫い目が汚かったり、糸が明らかに細いなど雑な部分が多々見られます。

 

スナップボタン

これは比較的わかりやすい真贋ポイントになります。

財布などのスナップボタン雄部分の先端に注目してみましょう。

ここが右の画像のように少し尖ってキノコのような形状をしているのが本物です。

 

左のように丸くなっている物は偽物である可能性が高いです。

一部、丸いボタンを使用したモデルもあるようですが、確実にこのモデルは丸いボタンという知識が付くまでは基本避けましょう。

これなら初心者の私でもわかりそう!

 

シリアルナンバー

ルイヴィトンのシリアルナンバーについて

ルイヴィトンの商品には、「シリアルナンバー」が必ずどこかに刻印されています。

財布などはかなりわかりづらい場所に刻印されていますが、「無い」ということはあり得ません。

 

そしてよっぽど古い1980年~1988年までに作られた商品を除き、ルイヴィトンのシリアルナンバーはアルファベット2文字と数字4桁で構成されています。

 

アルファベット2文字は製造国(工場)を示し、数字は製造年、製造月、または製造週を示しています。(作られた年代によって異なります。)

 

アルファベットと製造国

フランス AA  AC  AH  AN  AR  AS  BA  BJ  BU  CT  DU  ET  FL  LW
MB  MI  MS  NO  RA  RI  SA  SL  SN  SP SR  TH  TJ  TN  TR
TS  VI  VX
AAS(アルファベット3文字)A0  A1  A2 (例外で数字が使用されている)
アメリカ FC  FH  LA  OS  SD
スペイン CA  GI  LB  SM  LO
イタリア BC  BO  CE  FO  MA  RC  RE  TD
スイス D1  FA (スイス製はほとんどありません)
ドイツ LP (ドイツ製もあまり見かけません)
修理 DK(※ルイヴィトンリペアサービスでシリアル刻印部分を張り替える
などした場合に使われる刻印)

 

シリアルナンバー数字の読み方

1980年代の商品を仕入れることは稀だと思いますので、1990年代以降のシリアルナンバーについて説明します。

1990年~2006年

数字4桁の1番目と3番目が製造月

2番目と4番目が製造年を示す

例)TD1927

イタリア製1997年12月製造

2007年~

数字4桁の1番目と3番目が表すものは製造月ではなく週表記に変更。

例)CA4059

スペイン製2009年45週目製造

シリアルナンバーで色んなことがわかるのね

 

偽物シリアルナンバーの特徴

偽物のシリアルナンバーは、アルファベットや数字の桁数の間違い、並び順がおかおかしい、字体がバラバラなど、色々なパターンがあります。

 

よくあるのは、シリアルナンバーではなく商品の「型番」らしきものが刻印されたもの。

(例)M60017

ルイヴィトンには、商品個々のシリアルナンバー以外に、商品の「型番」があります。

これはMまたはNから始まる商品の型を表すものですが、これが商品自体にシリアルナンバーとして刻印されることはありません。

 

こちらのシリアルナンバーは、0066という数字の字体が歪んでいたり、最初の6と2番目の6の字体が異なります。

このように字体が雑なものも偽物の可能性が高くなります。

 

まとめ

せどらーが最低限知っておくべきルイヴィトンの本物と偽物の見分け方ポイント

  • ブランドロゴの「O」や字体の違和感
  • 革の刻印と縫製
  • スナップボタンの形
  • シリアルナンバーについて

 

注意

これはあくまでも目安であり、今回のポイントを全てクリアしたとしてもそれが100%本物であると保証するものではありません。

最終判断は自己責任で行いましょう。

一番は、信頼できるストアから仕入れることです。

 

仕入について不安がある、信頼できる仕入れ先ってどこがあるの?

などの質問はどんどん↓アシュリーの公式LINE@↓で聞いてくださいね(^^)

アシュリー公式LINE@

 

 

 

-ブランドリペア転売知識, 真贋チェックポイント

Copyright© アシュリーのブランドリペア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.